トップページ > 交通事故の症状

交通事故の症状


交通事故の主な症状です

  • *むち打ち
  • *首・肩・背中のしびれ
  • *腰・足のしびれ
  • *重量感 etc

交通事故による外傷とは、捻挫・打撲・脱臼・骨折などを伴い、手足の運動障害・感覚障害が出て「関節を動かすと痛い」「しびれる」「重だるい」等の自覚症状があります。

上記症状の他にも、お体の不調に気になる点ございましたら、お気軽にご相談ください。

主な症状

頭痛・めまい・吐き気・耳鳴り・首や腰の痛み
コリ・ハリ・手足の痺れふるえ・脱力感
胃腸等消化器系統の機能低下・食欲不振

けが「外傷」

  • *筋肉の損傷
  • *神経の圧迫、損傷
  • *脊髄の損傷
  • *靭帯の損傷
  • *血管の損傷
  • *炎症
  • *椎間板の損傷
  • *骨の損傷
  • *骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷

交通事故とむち打ち

現代社会は、車社会といえるでしょう。幹線道路が次々と整備延長され、都市部はもちろん様々な場所でも交通渋滞が発生し大きな問題となっています。

そうした現実を背景に、自動車事故の発生件数も増加しており、追突事故の占める割合が高くなっています。むち打ち症は自動車の衝突事故、後ろから追突されたときに起こるケースがほとんどです。

自動車事故の増加とともに、むち打ち症の症例数も大幅に増えていると考えられます。しかし、実際にはあまり研究が進んでいないため、むち打ち症という用語の定義や使用される範囲が確定されておらず、症状の詳しい発症メカニズムも明らかにされてません。

ページのTOPへ